Marushin Blog

マルシンブログ

全面改装工事

令和3年7月上旬、野辺地町で屋根・外壁塗替工事が完了いたしました。

 

 

新規ご契約のお施主様で、「屋根・外壁」の塗替えをご依頼いただきました。

 

仮設足場設置後、まずは「高圧洗浄」から作業を進めていきます。

高圧洗浄完了後、各所「下地処理」→「下塗」と作業を進めていきます。

各所仕上がりの色に合わせた下塗を行っていきます。

 

こちらの工事では、屋根が「スレート」下地であったため、下塗後「タスペーサー」という「縁切材」を施工します。

この工程を行わないと、雨水の漏水を引き起こすため大変重要な作業です。

タスペーサー施工完了後、「上塗」を行っていきます。

 

屋根部各所「上塗2回塗り」で仕上げていきます。

こちらの工事では、『ラジカル制御型塗料』の

 『アレスダイナミックルーフ(関西ペイント)』

のプランでご契約いただきました。

 

屋根部完了後、外壁部の施工を行っていきます。

まずは「既設シーリングの撤去・打替え」を行い、傷んだシーリング材を全て新設していきます。

シーリング完了後、「軒天井塗装」→「外壁下塗」と施工を進めます。

こちらの工事では、外壁部の旧塗膜が傷んでいる部分があったため、「中塗」を補修施工しています。

中塗には、『フィラー』と呼ばれる下地調整塗材を使用しています。

 

中塗完了後、「上塗」を2回行い仕上げていきます。

こちらの工事では、屋根部同様『ラジカル制御型塗料』の

 『アレスダイナミックTOP(関西ペイント)』

のプランでご契約いただきました。

 

 

 

お施主様のご希望であった『サーファーズハウス』風な仕上がりになりました!

既存の配色から、ガラリと変わって目を引く仕上がりになりました。

 

お施主様、大変お世話になりました。

< Back to Index