Marushin Blog

マルシンブログ

自宅・小屋全面改装工事

令和3年10月下旬、東北町で全面改装工事が完了いたしました。

 

 

新規ご契約いただいたお施主様で、「自宅・小屋」の「屋根・外壁・付帯部」の塗替えをご依頼いただきました。

 

仮設足場設置後、「高圧洗浄」から作業を進めていきます。

 

経年の汚れや埃・コケ等をキレイに洗い流していきます。

高圧洗浄完了後、各所「下地処理」を行っていきます。

サビの発生部分をワイヤーブラシ・サンドペーパーなどを用いて、ケレン処理していきます。

 

下地処理完了後、屋根部から施工を進めていきます。

まずは全面「下塗」を行っていきます。

こちらの工事では、

 『フッソ樹脂塗料仕上げ(下塗+上塗2回)』

の高耐候性のプランでご契約いただきました。

 

下塗完了後、「上塗」を進めていきます。

細かい部分まで丁寧に塗り進めていきます。

 

屋根部の施工と並行して、外壁部の施工も進めていきます。

まずは「軒天井」から作業を行っていきます。

こちらの工事では、軒天井の傷みが激しく塗装だけではもたせられない部分もあり、「ケイカル板の貼替」も一部行いました。

貼替完了後、「下塗→上塗」と仕上げていきます。

こちらの工事では、

 『アレスダイナミックNOKI-e(関西ペイント)』

で軒天井を仕上げています。

蚊や蜘蛛などが巣を作ったり、付着するのを防いでくれる『軒天井専用塗料』です。

 

軒天井完了後、「シーリング打替え」を行っていきます。

「既設シーリング撤去→プライマー塗布→シーリング新設」と作業を進めていきます。

 

シーリング打替え完了後、「下塗」を進めていきます。

各所下地に合わせた下塗材で、丁寧に施工していきます。

こちらの工事では、自宅部分には

 『RSマルチシーラー(関西ペイント)』

を使用しております。こちらの塗料は、

 『リフォームサミット会員専用塗材』

で、認定された施工店しか扱えない塗料です。

小屋部分には、

 『アレスダイナミックプライマー(関西ペイント)』

を使用しております。

下塗材は塗替えにおいて、大変重要な部分ですので当社では上記の「下塗材」を推奨しております。

 

下塗完了後、「中塗」を行っていきます。

今回の工事では、新築時に施工した業者の「自宅上部・玄関部」の「外壁模様施工」がかなり美観上よくない状態だったため、「模様吹き」を行い既設の模様を修正しました。

また、自宅下部の外壁部も脆弱部が部分であったため、「フィラー補修」を行いました。

 

中塗完了後、「上塗」を進めていきます。

各所「2回塗り」で仕上げていきます。(単色部)

自宅下部は今回、『多彩模様仕上げ』

 『WBアートシリーズ(スズカファイン)』

のプランでご契約いただきました。「単色仕上げ」では表現できない美しさが得られる工法です。

こちらも『認定施工店専用塗料』で、当社も一押ししている塗料プランです。

 

上塗完了後、「付帯部塗装」を行っていきます。

各所細かい部分まで丁寧に仕上げていきます。

 

 

 

サビの発生や、外壁のひび割れが発生し傷んでいた住宅がきれいによみがえりました。

また、施工前に比べて重厚感のある仕上がりになりました。

お施主様にも大変喜んで頂きました。大変お世話になりました。

 

< Back to Index